世界初となるコンテナ型完全オフグリッドのアクアポニックス(さかな畑)農場を開発、途上国支援へ活用

株式会社おうち菜園(横浜市)は、アクアポニックス技術を応用したコンテナ型完全オフグリッド農場を開発、Heifer International<非政府国際協力組織>(アーカンソー州リトルロック)へ納品しました。今後アフリカ、アジアなどの途上国支援にアクアポニックス技術を活用します。

世界初となるコンテナ型完全オフグリッドのアクアポニックス(さかな畑)農場を開発、途上国支援へ活用

株式会社おうち菜園(横浜市)とHATponics, Inc.(テネシー州ノックスビル)は、地球に最もやさしい有機循環農業(アクアポニックス)の技術を応用したコンテナ型完全オフグリッド農場を開発、Heifer Intern […]

イリノイ州シカゴで多目的施設「オグデン農場」を設立。アクアポニックスシステムや有機農業を活用し、社会問題の解決へ

アメリカのイリノイ州シカゴで、アクアポニックスシステムを備えた多目的施設「オグデン農場」が設立された。屋内外の農場で野菜や魚の生産を行うほか、失業者や元犯罪者などの就労支援や生活習慣病に悩む住民の健康改善に取り組む。

イリノイ州シカゴで多目的施設「オグデン農場」を設立。アクアポニックスシステムや有機農業を活用し、社会問題の解決へ

  Photo credit: CHICAGO BOTANIC GARDEN   アメリカのイリノイ州シカゴで「オグデン農場」という多目的施設が設立された。農業を通して、地域や国の問題解決・軽減が期待 […]

日本の高校生が「ストックホルム青少年水大賞」準グランプリ受賞。池沼を利用した水耕栽培で環境問題と食糧問題の解決へ

2018年ストックホルム青少年水大賞国際大会で、日本の高校生が準グランプリを受賞した。考案したのは、沼や湖の水面で水耕栽培のように農作物を育てるシステム。植物が水中の養分を吸収するシステムを構築することで水質浄化能力を高め、同時に農作物も生産することができる。水質汚染や食糧不足に悩む国へ解決策を示した。

日本の高校生が「ストックホルム青少年水大賞」準グランプリ受賞。池沼を利用した水耕栽培で環境問題と食糧問題の解決へ

  Photo credit: SIWI   2018年8月に開かれた「ストックホルム青少年水大賞」の国際大会で、日本の高校生が準グランプリに輝いた。 このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 […]

ティラピア(いずみ鯛)を料理【僕の研修日記②】

ティラピア(いずみ鯛)を料理【僕の研修日記②】

こんにちは!ハワイでアクアポニックス研修中の大竹です。 ハワイのアクアポニックス農場では主にティラピア(いずみ鯛)やナマズを養殖しています。ティラピアは、成長の早さ、低コスト、育てやすさ、繁殖の容易さ、そして味の良さ。海 […]

ハイチのアクアポニックス農場は年間27000株の野菜、1500kgの魚を生産。ウィスコンシン州の企業「Nelson & Pade」がサポート

ウィスコンシン州の企業「Nelson & Pade」が、社会的団体「Northwest Haiti Christian Mission」とパートナーシップを組み、ハイチにアクアポニックス農場を完成させている。

ハイチのアクアポニックス農場は年間27000株の野菜、1500kgの魚を生産。ウィスコンシン州の企業「Nelson & Pade」がサポート

photo source: Bread New Mexico Blog この記事のポイント ・大手アクアポニックス企業「Nelson & Pade」について ・毎年27,000株の野菜、1500kgの魚を生産 […]

パレスチナの大学「Lehigh University」の生徒が中型アクアポニックスシステム「Food Cube」を建設。手軽、簡単、持続可能な農業を広める

ベツレヘム(パレスチナ、ヨルダン川西岸地区)の大学「Lehigh University」の生徒らが、中型のアクアポニックス(魚耕栽培)システムを建設している。

パレスチナの大学「Lehigh University」の生徒が中型アクアポニックスシステム「Food Cube」を建設。手軽、簡単、持続可能な農業を広める

photo credit: Lehigh SDEV Aquaponics この記事のポイント ・1000リットルの水槽で泳ぐティラピア ・システム名は「Food Cube」 ・システムの販売も視野に このコンテンツを閲覧 […]

FAOがパレスチナ・ガザ地区でのアクアポニックス施設の設置をサポート。食料不足問題の改善へ

FAO(国際連合食糧農業機関)が、パレスチナ・ガザ地区の食料不足問題の解決に向けて、アクアポニックス(魚耕栽培)施設の設置をサポートしている。

FAOがパレスチナ・ガザ地区でのアクアポニックス施設の設置をサポート。食料不足問題の改善へ

この記事のポイント ・すでに15ヶ所に設置 ・ガザ地区では97%が都市かキャンプ場に暮らす ・FAOによる食料生産サポート