アクアポニックス研究所訪問(ニューハンプシャー州)

アメリカでアクアポニックス事業に関する研究ニーズが高まっており、USDA(米農務省)および各機関からの資金を得て研究をはじめる大学が増えています。今回は、そのなかでUniversity of New Hampshireを訪問、研究者から直に話を伺いました。

アクアポニックス研究所訪問(ニューハンプシャー州)

アメリカでアクアポニックス事業に関する研究ニーズが高まっており、USDA(米農務省)および各機関からの資金を得て研究をはじめる大学が増えています。 なかでもよく知られている研究として下記の大学があります。 ・Ohio S […]

日本の高校生が「ストックホルム青少年水大賞」準グランプリ受賞。池沼を利用した水耕栽培で環境問題と食糧問題の解決へ

2018年ストックホルム青少年水大賞国際大会で、日本の高校生が準グランプリを受賞した。考案したのは、沼や湖の水面で水耕栽培のように農作物を育てるシステム。植物が水中の養分を吸収するシステムを構築することで水質浄化能力を高め、同時に農作物も生産することができる。水質汚染や食糧不足に悩む国へ解決策を示した。

日本の高校生が「ストックホルム青少年水大賞」準グランプリ受賞。池沼を利用した水耕栽培で環境問題と食糧問題の解決へ

  Photo credit: SIWI   2018年8月に開かれた「ストックホルム青少年水大賞」の国際大会で、日本の高校生が準グランプリに輝いた。 このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 […]

パレスチナの大学「Lehigh University」の生徒が中型アクアポニックスシステム「Food Cube」を建設。手軽、簡単、持続可能な農業を広める

ベツレヘム(パレスチナ、ヨルダン川西岸地区)の大学「Lehigh University」の生徒らが、中型のアクアポニックス(魚耕栽培)システムを建設している。

パレスチナの大学「Lehigh University」の生徒が中型アクアポニックスシステム「Food Cube」を建設。手軽、簡単、持続可能な農業を広める

photo credit: Lehigh SDEV Aquaponics この記事のポイント ・1000リットルの水槽で泳ぐティラピア ・システム名は「Food Cube」 ・システムの販売も視野に このコンテンツを閲覧 […]

インドケーララ州の農業大学付属研究センターがアクアポニックス施設の運用をスタート。順調に収穫

インドケーララ州の農業大学付属研究センター「KAU」が、アクアポニックス(魚耕栽培)施設の運用を開始している。

インドケーララ州の農業大学付属研究センターがアクアポニックス施設の運用をスタート。順調に収穫

この記事のポイント ・トマト、キャベツ、唐辛子などを栽培 ・もうすぐ2回目の収穫を迎える ・以前あったケーララ州でのアクアポニックスプロジェクト

8600ドルの補助金を受け、オンタリオ州の学校の生徒がアクアポニックスシステムを自作。化学の授業で活用中

米国オンタリオ州の中等学校「Laselle Secondary School」が、8,600ドルの補助金を受け、長さ5メートルにもなるアクアポニックスシステムを作った。

8600ドルの補助金を受け、オンタリオ州の学校の生徒がアクアポニックスシステムを自作。化学の授業で活用中

この記事のポイント ・補助金は非営利団体を通じて支給 ・すでに化学の授業で活用 ・システムは2段構造

インディアナ州立大学の生徒2名がアクアポニックス企業「Greener Scenes Aquaponics」の調査アシスタントに。地域ビジネスと未来の農業に関わる

インディアナ州立大学の生徒2名が、アクアポニックス(魚耕栽培)企業「Greener Scenes Aquaponics」(以下、GSA)の調査アシスタントして参加。地域ビジネスと未来の農業の発展に積極的に関わっている。

インディアナ州立大学の生徒2名がアクアポニックス企業「Greener Scenes Aquaponics」の調査アシスタントに。地域ビジネスと未来の農業に関わる

この記事のポイント ・健康心理学とトレーナー専攻の生徒 ・インディアナ州の海洋企業との関わり ・農場ではトマト、ピーマン、コーヒーの木などが栽培

ウィスコンシン大学が9月にアクアポニックスセンター設立へ。教育、経済成長、調査の促進を目指す

米国のウィスコンシン大学スティーブンスポイント校(以下、UWSP)が、今年9月にアクアポニックスイノベーションセンターを設立する予定だ。

ウィスコンシン大学が9月にアクアポニックスセンター設立へ。教育、経済成長、調査の促進を目指す

この記事のポイント ・センターは2014年9月に完成予定 ・アメリカ大手アクアポニックス企業とのパートナーシップ ・インキュベーターとしての側面も