ウィスコンシン州の企業「Superior Fresh」がBest Aquaculture Practices認定を取得。世界最大規模のアクアポニックス施設へ

アメリカ、ウィスコンシン州の企業「Superior Fresh」が、Best Aquaculture Practices認定を獲得し、世界最大規模のアクアポニックス施設となった。施設では、アトランティックサーモンおよびスチールヘッドを養殖。今後は、生産物を毎週収穫することで、消費者へ新鮮な魚や葉物野菜の提供を目指す。

 

SuperiorFresh03
Photo credit: Superior Fresh

 

ウィスコンシン州の企業「Superior Fresh」が、Best Aquaculture Practices (以下、BAP) 認定を獲得。世界最大規模のアクアポニックス (魚耕栽培) 施設になったことをGlobal Aquaculture Allianceが公表した。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について